防水工事の一括見積り【防水工事セレクトナビ】

防水工事セレクトナビ 登録希望の業者はこちら
全国通話無料
営業時間:10:00〜21:00(年中無休)

開くボタン閉じるボタン

0120-92-1437

全国の優良塗装会社の比較見積りが無料でできる

今すぐ一括見積りスタート

防水工事セレクトナビは全国対応です

防水工事の価格を詳しく知りたい方。
実際の見積りはどの程度になるのかを知りたい方。
セレクトナビ登録の優良施工店への一括見積りをしてみてください。

今すぐ一括見積りスタート

防水工事セレクトナビご成約実績

戸建て屋上防水
〜雨漏りの心配なくなった〜

地元の防水工事屋さんでは1,640,000円

セレクトナビのご利用で1,200,000円

戸建て屋上防水
〜屋上が明るくなりました〜

地元の防水工事屋さんでは930,000円

セレクトナビのご利用で690,000円

ビル屋上防水
〜雨漏りがなくなりました〜

地元の防水工事屋さんでは4,200,000円

セレクトナビのご利用で1,620,000円

マンション大規模修繕工事
〜古い建物が見違えました〜

地元の防水工事屋さんでは28,000,000円

セレクトナビのご利用で24,700,000円

※上記写真は一部イメージで実際の画像と異なります。お受けする全ての工事に適用する値引き率ではございません。

ご予算目安は防水工事価格一覧をご覧ください。

塗装業者選びのポイント

会社の実績は?見積もりの信頼度は?説明の分かりやすさは?保証は?見積書は正確?見積書は正確?

ご存知ですか?失敗しない防水工事を手に入れる上で欠かせない業者選びのポイントを解説します。
まずは選定のポイントをしっかりと理解して、納得のいく業者選びを実施しましょう。
ポイントのうち一つでも不安なところがある場合はしっかりと質問をしてクリアにしていきましょう。
セレクトナビでは防水工事業者の選定ポイントを分かりやすく解説しております。

防水工事業者の選び方

一括比較見積りの流れ

  • 一括見積もりの開始 STEP1

    詳細のご要望を当サイトのフォームよりご入力頂くことで、お見積もりがスタート致します。なるべく詳細にご要望を入力頂く事で、お見積もりの質が向上致します。

  • 簡易見積りの連絡 STEP2

    弊社が選定した条件に合う工事業者3〜5社より初回のお見積もりをご呈示させて頂きます。ご不明点等は塗装店もしくはセレクトナビにご相談頂けます。

  • 現地調査/本見積り STEP3

    簡易見積もりを取得した塗装店の中でニーズにマッチした塗装店を選定頂き、現地の調査若しくは本見積りを提出いたします。
    詳細の見積りを比較して頂きます。

  • ご契約/工事の開始 STEP4

    本見積りを比較頂き、最終的にご納得のいく塗装店からの提案があった場合、最終選定を頂き、ご契約と進んで頂きます。ご契約後に工事の着手となります。

STEP5 防水工事見積り比較ネットを通してご成約の方全員に最大5万円のギフトカード贈呈!STEP5 外壁塗装見積り比較ネットを通してご成約の方全員に最大5万円のギフトカード贈呈!

本サイトの特徴「値段が一目瞭然」

セレクトナビは、雨漏り修理や屋上防水、大規模修繕工事など、実施する修繕の内容にあわせて全国各都道府県の防水工事業者からの見積りを一括請求できる見積り比較サイトです。

  • 防水工事価格を一括比較

    該当地域の工事業者より防水
    工事の見積もりを一括請求できます。
    工事の価格相場が一目瞭然!

  • 料金は全て無料

    セレクトナビはすべて無料で
    ご利用いただけます。
    契約の義務もございません。

  • ご成約でお祝い金贈呈

    防水工事セレクトナビ経由でご成約
    いただいた場合は、もれなく
    祝い金(ギフトカード)を進呈!

  • 安心防水工事業者

    掲載業者はすべて弊社の厳重な
    審査を通過した業者だけなので、
    安心してご利用いただけます

見積もり相談完全無料

防水工事の種類とポイント

建築物に対する防水工事には様々な種類が存在します。どのように防水工事を行えば良いかお悩みの方もいらっしゃることでしょう。

本記事は、防水工事の種類とポイントについて解説いたします。

防水工事の目的

防水工事は、雨水や生活用水を遮断し、漏水を防ぐ目的があります。

水が侵入する条件

建築物に水が浸入するには、以下の3条件全てが必要となります。

  1. 水が存在する
  2. 水が通過可能な隙間がある
  3. 水を移動させる力が働く

防水工事は、これらの条件を1つ以上無くすことを目的としています。
建築物の部位や形状によって、様々な材料・工法が用いられます。

防水工事の種類

防水工事は、細かく分けると様々な種類が存在しますが、形状によって

  • メンブレン防水
  • シーリング防水

の2種類に大別することが可能です。詳細については後述します。

なお、上記2つ以外に、浸透性防水や金属防水という防水加工も存在します。

  • 浸透性防水
    • 浸透性防水は、建物地下や水処理施設(下水道、水槽、貯水池など)、土木分野(橋梁、港湾施設など)に用いられる防水加工です。
      コンクリート建造物を対象としており、細かく分けると、
      • ・躯体に防水材を塗布浸透させることで内部を緻密化させる
      • ・防水材をコンクリート混練時に混入させ躯体の緻密性を高める
      といった方法が存在します。
  • 金属防水
    • 金属防水は、塩ビ鋼板(カラー鋼板)や溶融亜鉛めっき鋼板(トタン板)を用いた防水加工です。
      木造建造物の揺れや地震に強く、メンテナンスが不要であるため、木造住宅のバルコニーや屋上などに多用されています

メンブレン防水

メンブレン防水は、屋根や屋上など広い面積に防水加工を施す必要がある場合に、不透水性の膜(メンブレン)を形成する工法です。
面状の薄い防水層が全面を覆うことになります。細かく分けると、塗膜防水工法、シート防水工法、複合防水工法が存在します。

塗膜防水工法

塗膜防水工法は、防水層の膜として液状の樹脂類を使用するものです。
防水層の種類によって、以下のように更に細分化が可能です。

防水層の種類工法や特徴など
ウレタンゴム系防水層吹き付け工法や塗布工法(補強布と組み合わせて塗り付ける)がある。歩行可能。
ゴムアスファルト系防水層吹き付け工法や塗布工法(補強布または改質アスファルト系シートと組み合わせて塗り付ける)がある。
保護塗料などにより、表面を保護仕上げにされる。
FRP(Fiber-Reinforced Plastics)系防水層ガラス繊維を混ぜた強化プラスチック(FRP)を使用する工法。
軽く、強度が高く、重歩行(履物や歩行頻度に制限がない)が可能。
ただし、下地追従性(防水層が下地の動きに追従できる性能)が低い。
アクリルゴム系防水層アクリル酸エステルを使用する工法。
吹き付け工法と塗布工法がある。下地追従性が高い。外壁の防水に使用される。
セメント系防水層下地は現場打ちのコンクリートに限定される。水槽や地下の防水に使用。
シート防水工法

シート防水工法は、防水層のシートとして予め膜状となっている材料を現場で貼り付ける工法です。
防水層の種類によって、以下のように細分化が可能です。

防水層の種類工法や特徴など
合成ゴム系防水層シートを接着剤で貼り付けるかビス等で固定。下地追従性が高い。
歩行に適さず、鳥害を受けやすい。
塩化ビニル系防水層シートを接着剤で貼り付けるかビス等で固定。
軽歩行(ゴム底製の靴やスリッパ、素足で少人数のみ歩行する状況)が可能。
ポリオレフェン系防水層シートを接着剤で貼り付けるかビス等で固定。下地追従性が高い。
歩行には適さない。
エチレン酢酸ビニル樹脂系防水層シートをポリマーセメントペーストで貼り付ける。湿式工法であり、下地の乾燥が必要ない。表面に直接モルタル塗りが可能。
水槽や地下の防水にも使用できる。
複合防水工法

複合防水工法は、膜状の材料を液状の材料で間隙なく貼り合わせる工法です。
防水層の種類によって、以下のように細分化が可能です。

防水層の種類工法や特徴など
アスファルト系防水層 代表的な工法である熱工法では、高温で溶融させた液状のアスファルトを用いて、防水性の高いアスファルトルーフィングシート(板紙にアスファルトを浸み込ませた防水材料)を数枚、積層する。
※ただし、近年はアスファルトルーフィングシートをバーナーで炙って溶かしながら貼り付けるトーチ工法やローラーで圧力をかけて粘着剤で貼り付ける常温工法(冷工法)も登場している。
ウレタン・FRP系防水層ウレタンゴム系防水層の上にFRP系防水層を積層する。
パラテックス系防水層自閉性メカニズム(防水層が膨張して亀裂が発生しても、ある程度までなら塗膜層が自然に閉鎖する)を有する。
アクリル樹脂系防水層引火性が無く、中毒や臭気の問題も無い。環境や作業者に優しい。下地追従性が高い。

シーリング防水

シーリング防水は、シーリング材を用いて外壁と窓枠との間やプレキャストコンクリート(現場で組み立てることが可能なように、工場で予め製造されたコンクリート)相互間を目地状に塞ぐ線状の防水加工です。

使用されるシーリング材には、定形シーリング材(パッキンやガスケットのような予め成形された固形材料をはめ込む)と、不定形シーリング材(ペースト状のシーリング材を充填する)が存在します。
一般的に、防水工事では不定形シーリング材を用いて、現場で加工することが多くなっています。

材料によって細分化すると、以下のようになります。

定形シーリング材
材料性質
シリコーンゴム耐候性・耐熱老化性に優れる。耐摩擦性は劣る。
エチレンプロピレンゴム黒色のものは耐候性・耐熱老化性に優れる。着色すると性能が低下する。
クロロプレンゴム耐候性や耐薬品性に優れ、耐炎性を有する。黒色での使用が望ましい。
塩化ビニル耐候性や耐薬品性に優れ、耐炎性を有する。加工や着色は自由。
サーモプラスチックエラストマー耐候性・耐熱老化性に優れる。
不定形シーリング材
材料性質
シリコーン系耐候性、ガラスへの接着性に優れる。金属・ガラスカーテンウォールに優れる。
ただし、汚れが付着しやすく、目地周辺を汚染しやすい。表面に仕上げ材が付着しにくい。
変性シリコーン系耐久性、目地周辺の汚染防止性に優れている。ガラスへの接着はやや劣る。
ポリイソブチレン系耐久性・汚染防止性に優れ、幅広い用途に使用可能。最近登場した材料なので、事前に外装材への接着性等を確認する方が良い。
ポリサルファイド系汚れが付着しにくく、目地周辺の汚染が少ない。石材やタイルに適する。
ただし、耐疲労性に劣るため、カーテンウォールなど動きのある部位に用いると寿命が短くなる。
ポリウレタン系耐熱性・耐候性・ガラスとの接着性が劣る。
しかし、表面に多くの仕上げ塗装を施すことが可能。これにより欠点を補える。
アクリルウレタン系ポリウレタン系と似た性質を有する。コンクリート系の目地に適している。
アクリル系エマルションタイプであり、未硬化時の雨水による流失や氷点下での凍結という問題が存在する。
しかし、引張応力が小さく、多くの仕上げ塗装が可能で耐候性もある。ALC(オートクレーブ養生した軽量気泡コンクリート)の目地に用いられる。
ブチル系溶剤系であり、主にシート防水の継ぎ目に使用される。

防水工事のポイント

代表的な防水工事の方法を紹介してきましたが、これ以外にも様々な工法や材料が存在します。
工事代金も業者や施工する面積、使用する材料によって異なります。

予算との兼ね合いも考慮した上で、防水加工を施したい部位に適した材料や工法を選択し、依頼する業者を決定しましょう。

業者や工法を選ぶ際には、複数の業者へ見積もりを出してもらうようにしましょう。
分からない点があれば、納得できるまで質問しましょう。

個別の業者へ問い合わせる一方で、業界団体である「一般社団法人 日本防水材料協会」(JWMA)の公式サイトを見て、調べてみることも有用です。
JWMAは、アスファルトルーフィング工業会、合成高分子ルーフィング工業会、日本ウレタン建材工業会、トーチ工法ルーフィング工業会、FRP防水材工業会という5つの団体の上部組織です。
特に防水用語辞典は、分からない用語を調べる際に参考になります。

なお、工事代金だけで業者を決めるべきではありません。
施工後に問題が発生した際に保証(一定期間であれば無料で補修工事を行う)があるかどうかも重要なポイントです。

万が一、トラブルが発生した際には、消費者センターや弁護士に相談しましょう。

おさらい

防水工事は様々な工法が存在します。使用する材料も多種多様であり、業者によって費用も異なります。

必ず、複数の業者に見積もりを出してもらい、比較検討した上で、工法や施工業者を決定しましょう。
保証の有無も重要な判断材料です。
業者の説明の中で、分からない用語が出てきた場合、業界団体である「一般社団法人 日本防水材料協会」の公式サイトで調べてみることも有用です。

見積もり相談完全無料

防水工事会社の比較と選定のポイント

初めて防水工事を検討している方には、施工業者の比較は必要ないと考えていないでしょうか。
もしくは、比較・検討を行うことが必要と分かっていても、どのように比較を行えばよいか方法を知らないケースもあります。

しかし、そのままの認識で防水工事の受注業者や施工業者を選ぶには、リスクがありますし場合によっては料金が高かったり、再度工事が必要となったりする可能性も考えられます。ですから、防水工事会社は比較・選定のポイントなどをしっかり押さえておく必要があるのです。

今回は、防水工事の選び方を知らない方や、必要性を感じていない方に向けて、比較・選定のポイントについて詳しく解説していきます。

防水工事は、安い料金で行う工事ではありません。どの工法や工事内容でも、数万円以上は掛かります。
正しい選定方法を覚えて、適切な費用と業者に工事してもらえるようにしましょう。

なぜ防水工事会社及び防水工事が必要なのか

防水工事について概要や意味を把握していない場合、防水工事会社を比較・選定する前に、工事の必要性や基本について知っておかなければいけません。

まず、防水工事とは雨漏りや漏水といった場合に、原因を調査して破損個所を修繕することを指します。
そして、防水工事の施工業者には、様々なタイプがありますが何が違うか分からない点も多いでしょう。
例えば、ひび割れや外壁塗装の剥がれといった破損の場合、一般の方ですとどこに頼めばいいか悩みます。

塗装業者は塗装専門で、工務店はアパートやマンション、一戸建てなど様々な建築物に対してプロフェッショナルです。
従って外壁塗装のひび割れや防水層の傷、雨漏りや漏水といった内容の場合、工務店や塗装業者が対応できる場合もありますが、専門外として取り扱わない場合もあります。
また、一概にどの業者が防水工事に適しているといえないケースも存在します。

ただ防水工事の専門業者もあり、建物の防水に関わる全ての事象に対して専門的な知識と技術、部材を用いて、破損個所の修繕や防水化を図ります。
基本的な考え方としては、防水工事会社の中で比較・選定を行うのがおすすめです。

ちなみに後述でも紹介しますが、防水工事は以下のように様々な会社で行っています。

  • 防水工事会社
  • 塗装会社
  • ハウスメーカー
  • リフォーム会社

施工業者の種類から比較検討を行う場合のポイント

防水工事会社の中で比較・選定を行うことも大切ですが、その前に別の業種で行っている防水工事の特徴についても知っておくといいでしょう。
防水工事会社外の防水工事に掛かる特徴を把握しておけば、間違った知識を覚えるリスクが減りますし、防水工事会社のメリットにも気づきます。

防水工事は、防水工事会社以外でもサービスを展開しているケースがあり、それぞれ料金や工事内容について特徴があります。
また、対応可能な場合とそうでない業者もありますから、防水工事ができる業者から探す際は、気を付ける必要があります。

防水工事会社以外で見積もりを取った際に、防水工事の一部が非対応だったなどの無駄を防ぐためにも、慎重に検討しましょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、工務店や住宅メーカーの総称で大手住宅メーカーの多くは、誰もが1度は聞いたことのある会社でしょう。
ハウスメーカーは住宅の設計から建築、アフターフォローまで行っており、工事後の定期点検までサービス展開しているのが特徴的です。

そして、ハウスメーカーが提供している防水工事の費用についてですが、一般的に防水工事会社よりも見積もり金額が高めに設定される傾向があります。
ハウスメーカーの業務内容は、防水工事に限らず建物の設計から建築、工事後の保証まで含まれているため相対的に割高になりやすいといえます。
また、それだけでなく、実際の防水工事には下請けの防水工事業者が担当するため、多くの業者が関わると結果的に費用が割高になるでしょう。

ただ、住宅の建築から保証まで一括で行っているため、防水工事を別途探すのが手間に感じる場合などでメリットがあるといえます。

塗装業者

塗装業者とは、その名の通り住宅や商用店舗など様々な建築物の、塗装を専門的に行う会社のことです。
防水工事には外壁塗装も含まれており、一見すると防水工事を塗装業者が対応できるのではないかと感じるでしょう。
しかし、塗装業者が行う業務内容は建物の外壁等に塗装を行い、外観や部材の保護を目的としているため、防水工事という観点では対応していないのが一般的です。

ただし、塗装業者の中には、防水工事に使用するウレタン塗料による塗装を利用して防水加工の対応可能にしているケースもあります
従って、塗装業者の業務内容に防水工事も含まれているか、企業サイトや問い合わせを行い確認することが大切です。

料金については、ハウスメーカーと違い塗装業者が直接行いますし、競合が多数あるため価格設定は抑えている傾向があります。

リフォーム会社

リフォーム会社は、ハウスメーカーや塗装業者とは違い、建物の改築・改装を主な業務としている会社のことです。
英語では、家を作り直すという意味で使用しているため、国内のリフォーム会社が行っている業務とは異なる意味合いになっています。
最近では、リノベーションと呼ばれることも多いですが、その言葉通り改築や改装はリノベーションが本来の意味です。

また、リフォーム会社の中には、住宅等を作り直すという本来の意味通りの業務内容を行っているケースもあるため、事前に業務内容をチェックする必要があります。

改築・改装を業務としているリフォーム会社では、以下の工事に対応しています。

  • 外壁の取り換えや内装の変更
  • キッチンの交換から設置
  • 住宅の床面積を増やす、変更せずに間取りを変える
  • 防水工事を行う

上記のように、リフォーム会社では防水工事も請け負っています。
従って、防水工事会社や対応可能な業者を探したり、比較したりするときはリフォーム会社も確認するといいでしょう。

リフォーム会社に防水工事を頼む場合、増築や改装など別の工事が必要な際に防水工事も同時に一括で発注できるため、複数の依頼がある場合に手間が掛かりません。
また、見積もりに関しても、1社で済むためスムーズな工事が期待できます。

料金については、業者によって違いがありますが防水工事会社に近い相場で費用負担できるでしょう。

防水工事会社

防水工事会社とは、文字通り防水工事を専門に取り扱う会社のことです。屋上やベランダの防水工事など、防水関係の工事に関しては専門技術と実績があります。
また、ハウスメーカーによる新築住宅で、雨漏りや漏水が起きた場合も対応可能ですから、費用を抑えたい場合にもおすすめです。

防水工事会社を選ぶ場合は、当サイトのように防水工事会社専門の見積もり会社を利用しましょう
防水工事を専門に取り扱うプロですが、中には割高な業者や工事がずさんな業者もいますから、専門の見積もり会社と相談しながら施工業者を選ぶことが大切です。

次の項目では、防水工事会社の選定を行う際に、気を付けたいポイントをご紹介します。

防水工事会社の選定を行う際に気を付けること

ここからは防水工事会社を比較・選定する際に、押さえておきたい所や気を付けるべき点についてご紹介していきます。
防水工事会社によって、実績や技術に違いがありますし修繕工事に対するアプローチにも違いがあります。

悪質な業者につかまらないようにしなければいけませんが、防水工事は一般の方にとって分かりにくく専門的な内容を含んでいるため、施工後の不備について気付きにくいです。
また、費用についても技術や工事内容を知らないので、悪質な業者の言い値で契約してしまう可能性もあります

優良な防水工事会社や条件に合った業者を探すために、様々な選定ポイントを押さえなくてはいけません。

防水工事会社が提示する料金設定が安過ぎていないか

安さが売りである場合に関して、相場に対して安過ぎる業者ではないかが選定のポイント1つ目です。

利用者側からしますと、防水工事は安いものではないため、どうしても安い業者を選びがちです。
確かに、相場よりも少々安いという場合などであれば、選定の候補に入れても良いでしょう。
しかし、防水工事会社が掲げる安さが、相場よりも遥かに安い場合は一歩引いて慎重に見極めることが大切です。
安過ぎる背景には、防水工事に使用する塗料や材料に関して質の悪いものを使用していたり、塗料を薄めてしたりするといったケースが想定できます。

作業工程を省くといったことも、費用を抑える場合に考えられることですし、どれも工事後に破損や防水層の剥がれなどトラブルの原因になるでしょう。

当サイトでも費用相場や工法についてご紹介していますが、まずは見積もり会社などを利用して、工事に掛かる費用の相場を把握することが大切です。

実績がある防水工事会社か

防水工事会社を比較・選定する際は、実績があり評判のよい会社選ぶことがポイント2つ目です。

当たり前ではありますが、実績の有無によって防水工事の品質は大きく変わります
また、防水工事は手順通り作業を行うだけで、防水対策が完了するわけではありません。

まず防水工事の流れは以下のようになります。

  1. 見積もり会社を通じて相談、もしくは直接防水工事会社に相談を行う
  2. 現地調査で破損箇所の調査や原因調査を行う
  3. 防水工事会社と打ち合わせをしつつ、見積もりの提示を受ける
  4. 工事内容の説明や見積もりに納得し契約成立
  5. 防水工事会社が、防水工事前に近隣住民等へのあいさつ回りと簡単な説明を行う
  6. 防水工事開始
  7. 防水工事完了、引き渡し
  8. アフターフォロー、定期点検

例えば、現地調査1つとっても、防水工事会社の技術や実績が問われる非常に難しい内容となります。
雨漏りが起きている場合、どこかが破損して雨水が侵入するのですが、その原因を探ることは簡単ではありません。
経験や技術が必要ですし、複合的な原因となっていることが多いため、実績がある防水工事会社の方がスムーズ且つ正確な調査をしてもらえるでしょう。

施工後のアフターフォローについても評判や実績において優れているか

防水工事会社の比較・選定ポイント3つ目は、防水工事後のアフターフォローに関しても評判が良く実績があるか確認することです。

防水工事後の定期点検がなく、防水工事後に再度雨漏りやひび割れ等が発生した場合に保証がない会社に発注してはいけません
工事後5年から10年までに発生した問題に対して、防水工事保証制度で無償サポートしてもらえるのが基本です。

防水工事の契約を急かすような業者ではないか確認すること

防水工事会社の相見積もりが完了して、1社に絞り打ち合わせを行っているとします。この時に、防水工事会社側が契約を急かすような動きを見せたら、選定対象から外すことが好ましいです。

契約を急かす意図には、防水工事会社側が利用者に対して冷静に考える時間を与えないようにすることや、他の業者でも検討する猶予を与えないために行っていることが多いです。
従って、打ち合わせ時の担当者が、契約に関して丁寧な説明を進めるか、それともとにかく契約を急かすか見極めることが選定のポイントです。

防水工事会社が提示する見積もり内容に関して曖昧な回答を行わないか

防水工事の比較・選定ポイント5つ目は、見積もりを提示された際の対応に注目です。

防水工事の見積もり内容は、専門的な項目が多く利用者にとって分かりにくいでしょう。そして、見積もり内容を確認するために、担当者に質問を行った場合の対応が曖昧でしたら注意しましょう。

見積もり内容に関して、利用者に知られたくない意図があるか、そもそも防水工事会社側の技術に問題があるなどが考えられます。

防水工事会社が訪問営業を突然行ってくる場合は注意

訪問営業自体が全て悪質なケースということではありません。その前提を押さえた上で、防水業界最安値や期間限定キャンペーンを謳って、強引な契約をせまる場合は断ることも大切です。

また訪問営業を行ってきた場合、突然のことですが即決で契約を成立させないことが重要です。
防水工事の費用は、1平方メートルあたり3000円から8000円掛かりますから、見積もり会社に頼んで慎重に検討・比較しながら選定しましょう。

防水工事会社の見積もり書類に関して比較・気を付けるポイント

防水工事会社1社と打ち合わせまで進んでいる場合、契約の前に見積もり書類などを提示されます。
しかし、悪質な業者も中にはあるので、契約成立の前に見積もり内容をよく確認することが大切です。

また、複数の防水工事会社から相見積もりをしている場合も、同様に内容をよくチェックすることが大切です。
ここでは、見積もりを確認する際のポイントや、悪質もしくは問題点のあるパターンについてご紹介します。

提示された見積もりの費用計算が安いが工事内容が手抜き工事に近い

防水工事も同じですが、費用が安いとそちらに傾く方は多いでしょう。
しかし、「安かろう悪かろう」という言葉があるように、防水工事の見積もり内容があまりにも安過ぎる場合には、項目内容をよく確認します。

例えば、防水工事会社が提示した費用が、相場よりも安く見積もられているとします。しかし、項目をよく確認してみると複数の破損や傷に対して、1つの工法でしか記載されていない場合ですとリスクが高いです。

防水工事には、ウレタン防水やFRP防水、他にも専門的な工事があります。
ですから、安過ぎる費用想定と、各項目に問題が生じている場合は注意しましょう。

想定される費用よりも高過ぎる見積もりには注意

安過ぎる見積もりは問題ですが、逆に高過ぎる見積もりにも問題があります。
例えば、自身が所有しているマンションやアパートを、管理会社に管理を一任しているとします。その管理会社が高額な見積もりを提示してきた場合は、一旦検討し直しましょう

一般的に管理会社が防水工事の見積もりを出す場合でも、下請けとなる防水工事会社に実際の仕事を任せます。
そのため、仲介手数料として工事費用とは別途上乗せして、利用者に見積もりを提示するケースもあります。
仲介手数料自体は問題ありませんが、それを利用して非常に高額な費用で見積もることが悪質です。

防水工事会社の見積もりは防水工事専門の見積もり会社を利用する

防水工事会社や他業種の特徴や比較や選定方法、見積もり時の注意点などについてご紹介してきました。
防水工事会社に直接相談する方法もありですが、当サイトのように防水工事専門の見積もり会社を活用するのがおすすめです。

見積もり会社を利用することで、相見積もりが手軽にできます。
相見積もりとは、複数の会社へ一括見積りを頼むことで、見積もり会社を利用することで代行してくれます。

見積もり会社を利用すると、一括見積もりを行ってもらえますし、見積もり会社が審査を行った業者の中で紹介してくれます。
また、防水工事に関する疑問点も、見積もり会社が対応してくれる点も比較・選定を行う上で、大きなメリットです。

防水工事会社の比較・選定は、1人で行うのではなく見積もり会社と協力しながら検討しましょう。

見積もり相談完全無料

いろいろな防水工法

一言で防水工事と言っても、ウレタン防水・シート防水・FRP防水・アスファルト防水などいろいろな工法があります。それぞれの工法によって、金額感が違い耐用年数も異なります。また、マンションの屋上防水なのか、一戸建てのベランダなのか屋根の修繕なのかでも最適な工法は異なります。最適な手法を選択するには、使用される素材(ポリイソシアネート・塩化ビニール樹脂など)を理解し、メリット・デメリット(下地が必要かどうか・紫外線や雨天に強いかどうかなど)を考慮した上で、予算に合った方法を選択することです。
また、現状(シートが剥がれている・雨漏りがしている・どれくらいの面積に問題があるのか・コーキングの状態)をしっかりと業者に見てもらうことは、最適な修繕手法を取るために大切な要素です。専門の防水業者でも見解が異なることは珍しくありません。多少手間はかかっても複数の防水会社に現地調査をしてもらい、提案をしてもらうようにしましょう。

防水工事を成功するために重要なこと

セレクトナビは、屋上防水や雨漏りなどの防水工事の修繕費の見積りを優良工事業者から一括で取得し比較することができる業界最大級の見積り比較サイトです。雨漏り修理や屋上やベランダの防水はもちろん、マンションの大規模修繕工事の見積りなどを一斉に請求することができます。塗装業者によってコストが大きく変わることもあるので、価格比較はかなり重要です。

また、防水工事の種類や工法についての基礎知識となる情報も充実しています。ウレタン防水やアスファルト防水、FRP防水、シート防水など種類も多岐に渡り、工法によって耐用年数やコストも異なります。その他、修理をおこなう上で注意すべき点や、見積りチェックで見るべきポイントから、工事後のアフターフォローの情報も充実しています。防水の修理は工事が完了して終わりではありません。その後のメンテナンスや、また防水が始まってしまった際にどうすればいいのかなど知っておく必要があります。修理を成功させるためにも、事前にしっかりと情報を理解して基礎知識をつけておきましょう。

  • 費用と相場
  • 成約実績
  • 工法の種類
  • お役立ちコンテンツ
  • お祝い金について
  • 大規模修繕工事
  • 広告掲載について